rubino

たまにあらぶってる

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 刀剣  

拝啓、君へ -後篇― 【現パロ注意】

※Attention※

拝啓、君へ -前篇―
↑こちらの続きものになります


今回の撮影の設定につきまして、下記の設定をお借りしております。
また、タイトルにも入っておりますが現代パロディです。
ご本人様には許可をいただいておりますが、こちらの設定と綾さんの書かれていらっしゃる小説から感銘を受けたファンアートになります。
以下のことを踏まえまして閲覧いただきますよう、よろしくお願い致します。


素敵な設定と小説を産み出してくださり、快く許可してくださった綾さんに心からの感謝を込めて


◆バックパッカー鶴丸国永+古民家暮らし三日月宗近 →http://togetter.com/li/804815
◆もしも刀剣男士に生身の人間になれるという選択肢が与えられたなら →http://togetter.com/li/794655

◆綾さんの書かれている小説→ http://backpackertk.tumblr.com/

030-IMGP6605.jpg




三日月:そら
鶴丸:あきら 
Photo by ゆんゆん




大丈夫な方のみ追記からどうぞ!

031-IMGP6297.jpg












032-IMGP6309.jpg














033-IMGP6323.jpg













034-IMGP6333.jpg













035-IMGP6336.jpg














036-IMGP6357.jpg
















037-IMGP6344.jpg














038-IMGP6353.jpg






















































































































040-IMGP6496.jpg












041-IMGP6513.jpg












042-IMGP6517.jpg















043-IMGP6385.jpg














044-IMGP6386.jpg















045-IMGP6396.jpg















046-IMGP6401.jpg


















047-IMGP6374.jpg















048-IMGP6375.jpg















049-IMGP6520.jpg




























































050-IMGP6626.jpg












051-IMGP6651.jpg














052-IMGP6442.jpg













053-IMGP6453.jpg












054-IMGP6760.jpg














055-IMGP6789.jpg












056-IMGP6795.jpg













057-IMGP6798.jpg















058-IMGP6673.jpg














059-IMGP6700.jpg











拝啓、親愛なる君へ

これは別れではない

だからさよならの言葉も必要ない

どこにいても、君を想わない日はない

陽が昇り、月が浮かぶように

たとえ離れていても

過ぎる時間を重ねていければと思う























最初に私が綾さんの設定を拝見したのはツイッターのRTだったかと思います。
人ではないものが人に転生する。鶴さにのときも結末をどうするか話をしてるときに神様のままか、人に生まれ変わるかという妄想をしていたので刀剣同士で有限の時間を生きるというところにすごく心惹かれたのを覚えています。

小説のほうで転生前から転生し、そして旅に出るまでを書かれていて現在更新中なので私の方で詳しい詳細を書くのは割愛させていただきます、とにかく読んでください。拙い感想をみてもらうより、文章で読んで、あの世界に生きている二人の息づかいを感じていただきたいです。

お互い嗜好が似ているそらにも相談させてもらって、ゆんゆんさんにも事前に小説を読んでもらったり小道具を用意するのがとても楽しい撮影でした。
モレスキンに関しては綾さんの小説から受けた印象で私の妄想の鶴丸だったらこれになにを綴るだろうっていうものを文章にしています。自分の足で歩くことの意味を手帳と一緒に探していくのではないかと思いました。
三日月からの手紙の設定は小説にはないのですが、きっと出せないものを部屋にしまいこんでるっていう話をしてて、そらに途中まででいいから書いてきてってお願いしました。当日まで私も内容を知らなかったので、読んでて死ぬかと思いました。とんだテロです。

今回の撮影をいっしょにしてくれたそらとゆんゆんさんには感謝してもしきれないです。
夏のあの空気が良かったと本当に思います。
写真は演劇と違って音が聞こえないし温度だって触れらないけど、血が通って少しでも空気感が伝われば嬉しいなと思います。私がコスでやりたいことは結局昔やってた二次創作と媒体が変わっただけだっていうのをここ最近再確認してます。短編映画みたいっていうのは個人的に最高の褒め言葉です。


あれこれ編集してるときと撮影用に個人的に作ったプレイリストもひっそり載せておきます。
色々なものに助けられて楽しく撮影できました。

1.夏陰~original ver~/スガシカオ
2.黄金の月/スガシカオ
3.ワダツミの木/元ちとせ
4.もっと遠くへ/レミオロメン
5.コーヒー/スガシカオ
6.euaru/やなぎなぎ
7.rain/秦基博
8.水彩の月/秦基博
9.綴る/秦基博
10.ボクノート/スキマスイッチ
11.アカツキの詩/スキマスイッチ
12.鱗/秦基博
13.旬/椎名林檎
スポンサーサイト

Newer Entry連れ添うは

Older Entry拝啓、君へ -前篇― 【現パロ注意】

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。