rubino

たまにあらぶってる

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 刀剣  

連れ添うは





刀剣乱舞

鶴丸国永:あきら

Photo by aganaさん


※Attention※

一部緊縛表現が含まれております。
上記のことをご理解いただきご閲覧ください

270607-9-2.jpg



















































270607-24-2.jpg






































270607-152-2.jpg































































270607-88-2.jpg






















































270607-60-2.jpg


















































































270607-96-2.jpg








































































270607-80-2.jpg



































































































































270607-166-2.jpg



































































270607-178-2.jpg














































































270607-180-2.jpg
270607-189-2.jpg














































































270607-202-2.jpg














































































270607-213-2.jpg














































































270607-222-2.jpg














































































270607-234-2.jpg














































































270607-279-2.jpg














































































270607-277-2.jpg

















連れ添うは

黄泉の国への案内人か








aganaさんとはこの撮影のときが初めてご一緒させていただく撮影でした。
うたプリのHAYATOのお写真も見ていて一目惚れして、雪ロケでご一緒する縁があり、鶴丸で緊縛とりたい・・・墓から攫われたいってぼやいたらお付き合い頂けることになり本当に感謝でした;;ちょっとニッチな趣味を拗らせてる感があったので。
aganaさんのお写真は知ってたんですが、1対1では初めてだったのでどんなテンポで撮影する方なのかな~と思ってたんですが、休憩はさみながらとても楽しく撮影させてもらいました!
透明感の優しい光の屋外と、密室の暗い感じのギャップがすごくてaganaさんの引き出しの多さにとても助けて頂いております。

ファッションフォトのように1枚で世界観を作られる方なのでセット組む撮影もいつか見学させてもらいたいです;;



鶴丸国永という刀剣について。以下個人的な見解をつらつらと。
まず驚いたのはこのキャラだけやたらと人の感情に近いものを持ってるなあというセリフの多さでした。

「人生には驚きが必要なのさ。予想し得る出来事だけじゃあ、心が先に死んでいく」

とはよく言ったもので心があるのかと初めて聞いたときに何だか不思議な気持ちになったのを覚えています。
人生と刀生をおそらくかけてるんだろうとは思うんですが、主を転々としてきたことからより多くの人間に触れて、人間とは何か、感情の揺れる様を彼なりに長い時間をかけてみてきたからこそのセリフなんだと思います。
だからこそ”驚き”を大切にしているのかなと。彼の言う驚きもたぶんたくさん種類がありますよね。いずれも人を不幸にするものよりは、どちらかというと幸せにしたり、ふとした時に笑顔になってしまうもの、戦だけに限定するなら意表を突くことになるのかなと思います。感情が動くというのは物である刀剣たちにはないもので、人の形になってそれを体感してより鶴丸の世界に鮮やかさが増せばいいなあと思います。好きなキャラには基本的に幸せになってもらいたい!!

主と墓に入ったことがあるのは今の所彼一人なので、黄泉に半分渡ったという意味では少し異質だといいと思います。神様なんだけど、少し違う気が混じってるというか。人に近くもなってるみたいな色んなものが混じってる存在だといいなという個人的な願望も込めて。そういう意味も含めて飄々としてるんだけど懐が深いというか情に厚いんじゃないかなと思いました。

鶴丸に関しては本当に色々思うことがあって、ちまちまと予定を立てながらやらせてもらう見通しが立ってるのでありがたいです。たぶん鶴さにが一番刀として、主という人間との関係について向き合うと思います。
1回目の撮影おわってるんですが、楽しみにしててください。うちの主可愛いですから!!

刀同士だとやっぱり師弟関係にあった親御さんのこともあって三日月と鶴丸の関係はすごい好きです。
いい意味で正反対な性格してる感じがするので。静と動みたいで。

緊縛初めてだったんですがいいサイトあるよ!!って教えてくれた友人にも感謝です!たすかりました!!ありがとう!!
スポンサーサイト

Newer Entryそこに在るということ

Older Entry拝啓、君へ -後篇― 【現パロ注意】

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。